【ダンまち外伝】ソードオラトリアを最新の11巻まで一気読みしたので感想を書いてみる

こんにちは、現役理系早大生のスケです。

以前こういう記事をかきました。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を徹夜して14巻一気読みしてしまった

これにかなりハマってしまいましたw

ハマったらブログを書く時間がなくなる、ヤバイ、と思っていたのですが、案の定ドハマリして全巻一気読みしてしまいましたw

色々調べていくうちに、ソードオラトリアという外伝があることを知り、読んだらブログを書く時間がなくなってしまうと思いながら、やっぱり一気読みw

2日で11巻を読破してしまいました。何してるんでしょうか笑

読んだらブログを書く時間がなくなるんですが、読めばブログのネタになるのでまあいいっしょ!と自分に言い聞かせました。読んでいる間は至福の時間でしたね笑

というわけでですね!

ソードオラトリアを最新刊の第11巻まで読んだ感想を書いていきます。

どんなお話

概要

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の外伝です。

本編ではベルが暴れまくっていたために登場シーンが少なかったキャラクターたちが暴れに暴れまくる!

外伝版のメイン主人公は剣姫アイズ・ヴァレンシュタイン。あまりにも口数が少ない彼女が外伝版ではメインに。

残念ながら口数は少ないままですw

ロキ・ファミリアの各メンバーの掘り下げ

ソードオラトリアでは、アイズを中心としたロキ・ファミリアの各メンバーに焦点が当たっています。

アイズ、フィン、リヴェリア、ガレス、ティオネ、ティオナ、ベート、ロキ、などなど。

各巻でメインのキャラクターが変わるのも本編とは違うところですね。

みんな複雑な過去を抱えていながらも、それを見せず気丈に振る舞おうとする姿がかっこいい。

個人的にはベートフィンの回は激熱でした。

本編よりダンジョンしてる

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を読んだことがある方ならおわかりでしょうが、本編は、意外とダンジョン出てきませんw

ダンジョンの外でばっか活動しているベル率いるヘスティア・ファミリアなんですよ。

その、ダンジョン不足を補うかのように、ソードオラトリアはガチガチのダンジョン攻略がメインです。

本編ではまだ語られることのない、深層の世界、59階層での死闘とか、これぞダンジョン!と言わんばかりで手に汗握りまくります。

アイズもボコボコにされる

本編では、アイズたちロキ・ファミリアは化物扱いでしたけど、外伝では彼らも足元を救われたりしますw

あのアイズも、死にかけたりボコボコにされたり。

どんだけ上がいるんだよって話ですが、上には上がいるってとこがいいですよね!

彼らが頂点だったらちょっとつまらないです。

そんなわけで、主人公最強モノでありながらも、負ける戦いもあるわ、成長要素もあるわ、で非常にいい塩梅。

やっぱり強くなりたい

なんで僕がこれほどまでに、「ダンまち」やソード・オラトリアに強く惹かれるのか、少し考えてみました。

で、結論としては、僕は勇者になりたいんですよね。

文字通りの勇者ではなくて、世の中に変革をもたらす人、という意味の。

本編の主人公ベル・クラネルは勇者を目指しています。

外伝で出てくるロキ・ファミリアのフィンも、「勇者」という二つ名を持っていますし、ベルの影響を受けて、さらに成長しようとしています。

彼らの生き様に憧れます。

漢とはなにか、英雄とはなにか、その答えが「ダンまち」にあります。

本編に出てくるベルのおじいちゃんのセリフとか、超かっこいいですよ。

仲間を守れ、女を救え、己を掛け、折れても構わん、挫けても良い、大いに泣け、勝者は常に敗者の中にいる、願いを貫き、想いを叫ぶのだ、さすれば、それが、一番、格好のいいおのこだ。

こういうセリフが一番好き。

お前中二病かって言われるかもしれませんが、僕は中二病です笑

で、それが何か問題あるのかって話。

浪漫がある。別にいいじゃないかって思います。

彼らの向上心に心を揺さぶられますし、僕ももっと頑張らないとなーと。

生きるモチベになる本です。

外伝と言いつつも、本編に関わるような超重要なことが語られる

僕の話をすると、最初はあまりソード・オラトリアを読む気がありませんでした。

なぜなら、外伝はしょせん外伝であって、本編と比べたらスケールが小さだろうなと、そう思ってました。

ですが、アマゾンのレビューを見ている中で、

本編では語られていない重大な事実が明らかになります

なんて誘い文句があるじゃないですか。

一件だけだったら信じないですが、それが何件も何件もあるので、それならしかたない、読んでみますか!

となりました。結果、めちゃめちゃおもしろかったですし、確かに、本編では語られない大きな事件が起きたり、衝撃的な事実が明らかになったりします。

本編にハマった人、ストーリーを深く知りたい人には特におすすめです。というより必読なのでは、と思いますね!

って感じで以上!

PPCアフィリエイトで人生変わった話

僕は大学一年の春休みにPPCアフィリエイトと呼ばれるものをはじめました。

なんかダメだったり怪しくなったらすぐやめればいいやと半信半疑でやり始めたのですが、これが思いの外ビビるぐらい稼げました。

PPCを始めて10日で10万の売上が出ました。このときの広告費は5万ぐらい。

作業をコツコツとやっていくと、なんとm,PPCを始めて30日で60万、40日で85万の売上を出してしまいました。このときの広告費は35万ぐらい。

特に秀でたところのない凡人大学生が気合いと作業量だけでここまでこれて、正直自分が一番ビビってます。

無料メールマガジンでは、僕がPPCアフィリを始めるストーリーと、一体どうやってそこまで大金を稼ぐことができたのかを無料レポートとして配布しています。

無料メールマガジンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です