漫画村みたいなサービスを使う人を非難するつもりはないけど、そういう人は絶対成功できないよね

こんにちは、理系早大生のスケです。

今ではもう閉鎖してしまいましたが、かつて漫画村というサービスが流行っていました。違法アップロードされたマンガのまとめサイト。

あまり大きな声では言えませんが、僕自身、漫画村を使っていたこともありましたし(1回だけ使いました)、僕の知り合いにも漫画村のヘビーユーザーは何人かいました。

マンガ家を始めとしたクリエイターの方たちは一気団結して漫画村廃止を訴えていまして、ついにその願いがかなったという形です。

というわけで、今回僕が言いたいことは、

漫画村みたいなサービスでただ読みするのを非難するつもりはないけど、そういう人は将来絶対成功できないよね

ってことです。

漫画村利用派VS漫画村断絶派

論点を整理します。

漫画村利用派

漫画村利用派の言い分としては、

  • 普通の立ち読みと変わらなくない?
  • そこにマンガがあるから

って感じですかね。

僕たちは日常的にyoutubeで違法アップロードされた動画を見ていますし、その延長線上みたいな感覚でしょうね。

漫画村のヘビーユーザーに話してみると、彼らが漫画村を使うことに何の抵抗もないことがわかります。つまり、あるから使う、それだけなんですよね。

漫画村断絶派

これに対し漫画村断絶派の言い分としては、

  • クリエイターへのリスペクトに欠けている
  • 本当にその漫画が読みたいなら買うべき
  • 違法アップロードだぁ!

のようなところが主でしょうか。

この記事では、どちらの言い分が優れているかなどは論じません。

ただ、僕の思うところとしては、漫画村断絶派の言い分は、若干「性善説」よりになりすぎているなと。

性善説、性悪説という思想がありまして、性善説は、「人間の元々の本性は善である」、性悪説は、「人間の元々の本性は悪である」というもの。

言っていることはすごい簡単なんですが、わざわざ名前をつけてかっこつけていると思って下さい。

綺麗事だけでいいならとっくに世界は平和になっているんですよ。ごめんなさいで済むなら警察なんかいらねえよ!ですよね。

僕は、人はもともと善悪なんて概念を持っては生まれてこないのだと考えます。子供には善悪の区別なんてついていません。本能のままに動いていく中で、親や学校の先生から「これはいい」、「これはダメ」と教えられていく過程において、善悪という、個々人が持っている主観的なパラメーターを持つようになるんだと。

子供の育つ環境や教育次第で、善悪の価値観なんていくらでも変えられるということです。

つまり、性善説、性悪説なんてそんなのないんだよって思うんですよね。

僕は高校生のとき、ろくにノートも取らず、先生の話も聞かず、授業中はずっと内職して勝手に自分で勉強していました。

周りのクラスメートは、せっせとノートを取り、先生の話に耳を傾け、課題はちゃんと出していました。が、成績も進路も、よかったのは僕の方でした。

僕にとっての善とは、結果を出すことであったんですが、彼らにとっての善とは、過程で頑張る(風に見せる)ことだったんですね。学校の先生やクラスメートからしたら僕は「悪」に見えたでしょうが、僕からすると彼らの方こそ「悪」でした。

漫画村を使うことを完全に合理的に論破できるのか

結論から言うと、合理的には論破できません。少なくとも僕には。非難はできるけど論破はできない。

ですが、そんなことはどうでもいい!

漫画村断然派のみなさんも、きっと、漫画村を利用していた奴らがうだつな人生を送っていたらスッキリするんではないでしょうか。

本記事のテーマはそこです。

漫画村を使うことを完璧に否定できなくても、彼らがどんな人生を歩むかは分かる

では、漫画村を利用するような奴らがどんな考えをもち、どんな人生を送るのか、考察しています。

漫画村を使う人が絶対成功できない理由

自分への投資を惜しむ

これが一番大きいですかね。

マンガは娯楽品ですが、知識もたくさん得られます。マンガを買うことは自分への投資といえるんですが、漫画村を使う人たちは、その自分への投資を惜しむような人間といえます。

マンガはタダ読み、本は買わない、仕事で必要な道具への投資はケチる、そのくせ変なところでムダな出費をする。

そんな行動をとる人間が仕事で成功できるのか、無理でしょって話です。

自分の商品がパクられてもいいとする価値観

自分がせっせと商品を作ったのに、それを他人・他社にパクられてしまった、そんなことが起きたらどうですか?

憤慨しますよね。まじで許せねえあの野郎ってなるはずです。

自分の書いたブログやメールマガジンがパクられて利益出されたら超うざくないですか。僕はいやですよ。漫画村もやってることは一緒ってことですね。

というわけで、漫画村に対して思うことを書きました。

以上です!

PPCアフィリエイトで人生変わった話

僕は大学一年の春休みにPPCアフィリエイトと呼ばれるものをはじめました。

なんかダメだったり怪しくなったらすぐやめればいいやと半信半疑でやり始めたのですが、これが思いの外ビビるぐらい稼げました。

PPCを始めて10日で10万の売上が出ました。このときの広告費は5万ぐらい。

作業をコツコツとやっていくと、なんとm,PPCを始めて30日で60万、40日で85万の売上を出してしまいました。このときの広告費は35万ぐらい。

特に秀でたところのない凡人大学生が気合いと作業量だけでここまでこれて、正直自分が一番ビビってます。

無料メールマガジンでは、僕がPPCアフィリを始めるストーリーと、一体どうやってそこまで大金を稼ぐことができたのかを無料レポートとして配布しています。

無料メールマガジンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です