【睡眠革命】高校生の頃に高級ベッドを買ってから睡眠の概念が変わった

こんにちは、現役理系早大生のスケです。

今回は僕が高校生の頃、ベッドを高級なものに変えたら僕の生活が劇的に変わった話をします。

当時の記憶をたどってみましょう。

当時の記憶

高校生の頃は、とにかく部活が大変だった。

運動部に所属していて、活動は週に6回。

月曜日が休み。

地方の公立高校で、僕のいた部活もそこまで強いわけではなく、中堅レベル。県大会でベスト8にたまになるぐらい。

めちゃめちゃキツかった。強豪校の人たちはもっと大変なトレーニングをやっているんだろうけど、キツイことには変わりない。

毎日くったくたのボロ雑巾みたいになる。

しかも僕は遠くからの電車通学だったから、移動も大変。

地方だから電車も全然こない。30分に一本とかそれぐらい。

部活は7時に終わるんだけど、電車の時間の都合で帰るのは7時30分。

それまでは自主練をしていた。

電車になだれのように乗り込んで、泥のように眠る。

気づいたら最寄り駅。寝過ごすこともしょっちゅうあった。

なんやかんやで家に帰り、風呂に入ってご飯を食べたら10時

次の日は6時に起きないといけない。

ちょろっと英語の音読だけして爆睡。

そんな生活をずーっと繰り返していたんだけど、大きな問題が一つ、

疲労が取れない。寝ても寝ても、よりいっそう疲れがたまっていく。

腰もなぜか痛くなってくる。

ベッドに寝っ転がるだけで腰に負担を感じて眠れない。

くそっ、早く寝たいのに寝れない!!!

ベッドのスプリングが弱くて、腰が沈み込んでしまい、体重がかかるのだ。

これは、ヤバイ。生活に支障をきたすレベル。

部活でのパフォーマンスも下がるし、授業中も爆睡してしまう。

色々ネットで調べてみたところ、どうやらベッドが悪いとそれだけでヘルニアになったり、腰痛になるらしい。

たかがベッド、ではないのだ。

さらに調べてみたところ、

人間は一日の1/3を睡眠に使います。人生の中で寝ている時間はおよそ24年、それだけの間ベッドの上にいるわけだから、そのベッドにお金をかけないのはどうなんでしょうか?

という言葉に出会った。

たしかに!!!

めちゃめちゃ説得力がある。

そうだよな、たしかにベッドの上で過ごす時間ってすごい長いもんな。。。

ちょっと高いやつでも、毎日使うわけだし、1時間あたりに換算すると実はすごいお得になるんじゃないだろうか。。。

よし、ベッドを新調しよう!

思い立ったが吉日、早速親父に相談。

反発が来ると思いきや、答えはあっさりイエス!

インテリアショップの寝具コーナーにやってきた。

ベッドが並びまくっている。

その中でも一段と僕の目をひく、ベッド群がある。明らかに高そう。でも良さそう。

試すだけ試してみようと、そのベッドに腰をかけてみた。

すると!

……っふぅぅ

電撃が走った。

ヤバイ、やばすぎる。なんだこれは。こんなベッド初めてだ。

これをベッドと言うのなら、僕が今まで使っていたのはなんだったんだ。ただの大きいスポンジか。

一瞬で心を掴まれた。

お尻をおいただけでわかる。

尋常じゃないフィット感。沈み込むだけでなくしっかり跳ね返してもくれる。

そして安定する。ものすごい安心感というか、どっしり感というか、なんだろうこの感覚は。

やわらかすぎず、硬すぎず、絶妙な座り心地。

ちょっと待ってくれ。

おしりをおいただけでここまで心を持ってかれてしまったんだ、

もし、もし、仮にこのベッドに身体を横たえて、眠りについてみたら、いったいどんな天国が見られるんだろう。

芽生えてしまった好奇心からは逃れられない。

恐れ多くも店員さんに聞いてみた。

ちょっと横になってみていいですか、と。

店員さんが首肯する。

では、僭越ながら、

至福。その一言につきる。

これが、「寝る」ということか、と、僕は齢16にして初めて知った。

僕の睡眠の概念が完全に崩壊した。

他のベッドを見ることはなかった。

これ以上のマットレスが、弾力が、安定感が、幸せが、やってくるはずはないから。

そして僕の心を鷲掴みにしたベッドを親父に買ってもらった。

それ以来、本当に寝ることが快適に、楽しくなった。

一見矛盾のようだが、良いベッドにすればするほど、そのベッドを楽しむ時間は減ると思う。

なぜなら、そのあまりの眠り心地のよさに一瞬で意識を飛ばしてしまうからだ。

とにかく、その僕の初恋のベッドを使い始めて以来、腰痛とはおさらばだし、疲労もむちゃくちゃ取れる。

ベッドに身体を横たえればあっという間に夢の世界。

目を覚ますと、心地よい充足感に満ちている。

 

当時の記憶をさかのぼってみました。

たしかに高い買い物でした。10万円ぐらい。

ですが、その見返りはあまりあるものでした。

効率の良い睡眠を取ることで睡眠時間も減ります。身体が十分に休まるからですね。おかげで時間も増える。

本当にいい買い物でした。お金を出してくれた父には感謝感激雨あられです。

みなさんも、自分の運命のベッドを探してみてください

ちなみに、アマゾンを探していたら、僕が使っているマットレスがありました。

 

というわけで以上です!

 

 

 

 

 

 

 

PPCアフィリエイトで人生変わった話

僕は大学一年の春休みにPPCアフィリエイトと呼ばれるものをはじめました。

なんかダメだったり怪しくなったらすぐやめればいいやと半信半疑でやり始めたのですが、これが思いの外ビビるぐらい稼げました。

PPCを始めて10日で10万の売上が出ました。このときの広告費は5万ぐらい。

作業をコツコツとやっていくと、なんとm,PPCを始めて30日で60万、40日で85万の売上を出してしまいました。このときの広告費は35万ぐらい。

特に秀でたところのない凡人大学生が気合いと作業量だけでここまでこれて、正直自分が一番ビビってます。

無料メールマガジンでは、僕がPPCアフィリを始めるストーリーと、一体どうやってそこまで大金を稼ぐことができたのかを無料レポートとして配布しています。

無料メールマガジンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です