子供にどんな名前をつけるか。やっぱり古風で趣のある名前が一番かっこいいよね

こんにちは、理系早大生のスケです。

自分もこんな名前に生まれたかった。。。

そんな後悔をしたことが何回かあります。もちろん、両親が名付けてくれた自分自身の名前も気に入ってはいるんですけど、

こんな名前でよばれてみてえええぇぇぇえええええええ

みたいなものがあるのは確か。この思いを次世代に託したいと思っています。いや、マジで。

将来僕は間違いなく成功するので、たくさん子供を持てる余裕もあるはず。将来の僕はバキの父親みたいになっている予定で、子供には僕の全ての能力を伝授します。子どもたちは将来の日本を先導する歴史的な英傑になっていることでしょう!

というわけで、僕の100%エゴなんですが、僕の悲願を達成するべく、未来のスケチルドレンのための名前を考えてみます。

僕はこんな名前を子供につけたい

こんな古風で趣のある漢字を使いたい

なんだかんだ言って日本が大好きなので、やっぱり子供には日本の古風な味わいを持つ漢字を使ってあげたい。僕は今、20歳にもなって未だに中二病真っ盛りなんですが、将来の自分はどうなっているんでしょうか。

中二病といえば、呪文の詠唱、二つ名、古風な漢字。それらの中から抜き出してみる。

僕が個人的に趣があって超かっこいいと感じる漢字はこんなかんじです!

  • 大和
  • 桜花

どうでしょうか。いずれも日本っぽくて情緒豊かですよね。古風だけど現代の美的感覚にもあっている、そんな名前を選びました。

これらの漢字を組み合わせて名前を考えてみます。

男の子にはこんな名前

瑞希(みずき)

龍馬(りょうま)

瑠偉(るい)

譲(じょう)

大和(やまと)

桜花(おうか)

葵(あおい)

零(れい)

玲(れい)

怜(れい)

暁橙(あきと)

瑛(あきら)

瑛仁(あきと)

女の子にはこんな名前

瑞希(みずき)

龍馬(りょうま)

瑠偉(るい)

葵(あおい)

零(れい)

玲(れい)

怜(れい)

澪(みお)

藍(あい)

葵(あおい)

沙羅(さら)

恵(めぐみ)

麗(れい)

環(たまき)

名前の基準

どうですかね。至極のしびれる名前セレクションだったのではないでしょうか。未来の自分の考えはわかりませんが、ひとまずこれが20歳の自分の暫定的ベストアンサーということです。

では、どういう基準でこれらの名前を選んだのか。

も、もちろん、ただ単純にカッコいいからって理由だけじゃありませんよ?!

グローバル化を考えて、発音しやすい名前がいい

今よりグローバル化が進んでいることは必至なので、発音しやすい音を含んだ名前を中心にしました。

4音節だと英語圏で発音しづらいかなと思いまして、2文字、3文字の名前だけとなっています。

いじられにくい名前がいい

名字と名前を連結して読むと変な単語になるものは外してあります。

ニックネームがつきやすい名前がいい

これはあんまり満たせてないなぁ。学校でのポジションとか、友人関係、男女関係って、あだ名があるとだいぶ変わりますよね。

例えば、陸(りく)って名前なら、あだ名は「りっくん」じゃないですか。親しみがもてますよね。

僕が高校のときには、あだなが「委員長」のやつがいましたが、やっぱりちゃんとしたニックネームがなかったからなんですよね。元々のそいつの人間性ということもあるんですが。

季節系の名前はあまりつけたくない

あまり普遍的ではないというか、恒常的ではない名前は微妙かなと。

例えば、春、夏、秋、冬とか。その季節が過ぎたらどうするんですかって思ってしまいます。

桜もそうですね。桜が散ったら悲しくないですか?4月をピークに1年間で上下する名前はいやです。

ただ、”桜花”という名前はそれを余りあるほどのかっこよさと趣を持っているので採用しました!

数字が入っている名前はあんまり…

これも季節系の名前が微妙な理由と同じ。

七花、みたいな名前だったら、なんで「一」でも「二」でも「五」でも「九十九」でもなくて「七」なんですか?って聞きたくなってしまいます。(※ラッキーナンバーだから、みたいな回答は受け付けていません)

山本五十六とか名前適当すぎだろって話。

ちなみに、山本五十六の名前は、親父が56歳のときに生まれた子どもで、名前を考えるのが面倒くさかったらしく、「五十六(いそろく)」となった、らしいです。

やっぱり適当じゃんって笑。

 

というわけで、自分の備忘録として子供につけてみたい名前を考えてみました。以上!

PPCアフィリエイトで人生変わった話

僕は大学一年の春休みにPPCアフィリエイトと呼ばれるものをはじめました。

なんかダメだったり怪しくなったらすぐやめればいいやと半信半疑でやり始めたのですが、これが思いの外ビビるぐらい稼げました。

PPCを始めて10日で10万の売上が出ました。このときの広告費は5万ぐらい。

作業をコツコツとやっていくと、なんとm,PPCを始めて30日で60万、40日で85万の売上を出してしまいました。このときの広告費は35万ぐらい。

特に秀でたところのない凡人大学生が気合いと作業量だけでここまでこれて、正直自分が一番ビビってます。

無料メールマガジンでは、僕がPPCアフィリを始めるストーリーと、一体どうやってそこまで大金を稼ぐことができたのかを無料レポートとして配布しています。

無料メールマガジンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です