【ダンまち】「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」を徹夜して14巻一気読みしてしまったので感想

こんにちは、現役理系早大生のスケです。

この前に1巻読んだらハマって、そのまま徹夜して一気読みした本を紹介します。

せっかくブログ書こうと思ってたんですけど、面白すぎてブログ後回しにしちゃいました。。。笑

ってわけで、今回紹介する本は、

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

 

です。

そういえば読んだことないなーと思ってまして、なんとなくタイトルが頭弱そう(失礼)で避けてたんですけど、kindleで1巻目が無料だったし、いっちょ読んでみるかと

午後の2時にファミレスで読み始めました。

やばい、おもろいw

読み終わってしまった…

ブログどころではないぞこれは。

速攻で家に帰って、湯たんぽを入れてベッドに転がりながら2巻目を読み始めました。

手が止まらない。

午後7時

ごはんどころじゃない。

午後12時、第9巻目を読了。

やばい、これは寝れないぞw日の出までに全部読まないと

午後5時。

読み終わったぁーーーー!!!!!

という感じです。

え、なにこれ?!超おもろいやんけーーーーー!!!

ヒロインがちょろすぎじゃね?って思いましたけど、それ以外は設定もちゃんとしてて良い意味で期待を裏切られましたね。

なんとなくリゼロっぽくて好きな作品です。

続編も買うことに決めました。

主人公チートものなんですけど、上には上がいるってスタンスがいい。

主人公が本当に最強だと、敵がいなくなってつまらないし、平凡だと成長して敵をぶっ飛ばす爽快感が得られない。

話がそれますが、

やっぱり神話の法則なんですよね。物語を魅力的にして、人を引きつけるのは。

神話の法則とは、面白いストーリーには必ず存在していると言われるもので、

要は、

旅立って、

試練を受けて成長して、

帰ってくる

って構成。本当はもっと奥が深いんですが基本はこれ。

これを知ったときはけっこう衝撃でした。

だってですよ、僕が面白いと思うマンガとか、アニメとか、映画とか、本とか、そのすべてがこの神話の法則に則っていたんですよ?

戦慄が走りましたね。

back to the futureとか典型的すぎてドン引きしました。

で、

ラノベ、というか売れるコンテンツってどれもパターンは同じなんですよ。でも売れる。

それがなんでかっていうと、神話の法則に則っているから。

自分の好きな作品が神話の法則にどう当てはまっているか、考えてみるのも面白いですよ!

というわけで、以上!

 

PPCアフィリエイトで人生変わった話

僕は大学一年の春休みにPPCアフィリエイトと呼ばれるものをはじめました。

なんかダメだったり怪しくなったらすぐやめればいいやと半信半疑でやり始めたのですが、これが思いの外ビビるぐらい稼げました。

PPCを始めて10日で10万の売上が出ました。このときの広告費は5万ぐらい。

作業をコツコツとやっていくと、なんとm,PPCを始めて30日で60万、40日で85万の売上を出してしまいました。このときの広告費は35万ぐらい。

特に秀でたところのない凡人大学生が気合いと作業量だけでここまでこれて、正直自分が一番ビビってます。

無料メールマガジンでは、僕がPPCアフィリを始めるストーリーと、一体どうやってそこまで大金を稼ぐことができたのかを無料レポートとして配布しています。

無料メールマガジンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です