【現役理系早大生が教える】劇的に習慣化が簡単になる方法をシェアする

こんにちは、現役理系早大生のスケです。

今回は、なにか習慣を身に着けたい、でもそれができないよ〜〜〜という人たちのためのライフハックを紹介します。

よっしゃ明日から早起きになるわ、朝6時に起床する。

その翌日に朝8時とかに起きて、ああ、自分はだめなんだ。。。なんて落ち込む必要はありません

自分がだめなんじゃないんです。適切な目標設定ができていないだけなんです。

そもそも、なにかの習慣を身に着けようとしている時点で、その向上心を自分で褒めてあげるべきですよ。

そんなこと普通の人は考えもしません。その考えに至る時点で世間一般からは抜きん出た存在のはずです。

向上心に溢れた人だからこそ、挫折してほしくないです。

というわけで、怠け者の僕が実際にどうやって習慣を身に着けているか、その方法論を紹介します。

このメソッドを習得すると、恐ろしく強力な習慣を驚くべきほど簡単に身につけることができます

習慣というのは、すなわち自動化です。

自分が成長する習慣を身に着けていると、数カ月後、数年後に完全に別人になれます。

ぜひともこのメソッドを実践してみてください!

困難は分割せよ

哲学者のルネ・デカルトは言いました。

困難は分割せよ、と

身につけたい習慣を細分化していきましょう。半端ない効果があります。

そして、毎日の行動に、その細分化した要素を一つずつ増やしていけばあら不思議、気づいたら習慣化しています。

例えば、一時間勉強できるようになりたいとしましょう。

これもすこし抽象的すぎますね。もっと具体的になにをやりたいのか決めましょう。読書をしたいのか学問の勉強をしたいのか

読書をしたいのなら、小説が読みたいのか実用書が読みたいのか

時間で測るか、で測るか。

一日に何ページ読めばいいのか何冊読めばいいのかどれだけの時間読めばいいのか決まっていますか?

学問や受験勉強をしたいのならなら、どの科目を勉強したいのかどの分野を勉強したいのか

一日何時間勉強すればいいのか何問解けばオッケーなのか

そもそも、読みたい本や、やる予定の参考書は決まっているのかどうか。

これがないと、よっしゃやるぞーーっとなっても、じゃあなにをやればいいんだっけと考えてしまい、不必要にエネルギーを消費してしまいます。

では、身につけたい習慣をさらに具体化しましょう。

では、今回は汎用性がありそうな、「一日一時間、実用書が読みたい」にしましょう。

要素を細分化していきます。

  1. 本があること
  2. 本を開くこと
  3. 見開きを読んでみること
  4. 2ページ以上(つまり複数ページ)読んでみること
  5. 本を5分読み続けられること
  6. 本を10分読み続けられること
  7. 1章読んでみること
  8. 2章続けて読んでみること
  9. 電車の待ち時間などのスキマ時間に数分でいいので本を取り出して読書ができること
  10. 30分連続して本を読み続けること
  11. 一日のうちで合計の読書時間が40分を超えること
  12. 一日のうちで合計の読書時間が50分を超えること
  13. 一日のうちで合計の読書時間が60分を超えること

 

こんな感じです。ぶっちゃけ、本をぶっ続けで1時間読むっていうのはけっこうしんどいと思います。

僕の場合は、できるときもありますが、できないときもしょっちゅうあります。

そもそも一日のうちで、まとまって1時間確保できないなんてこともありますよね。

なので、一日のうちで総読書時間が60分を超えることをこの習慣のゴールとしました。

この細分化した習慣を、一日目は1を。

2日目は2を。

3週間目は、毎日本を10分読み続けてみる。

6週間目は毎日本を30分読んで見る。

というふうに、階段を徐々に徐々に上げていくことで、知らぬ間にその行為が習慣化します。

とにかく、ハードルを上げすぎないでください!

あれ、これだけでいいの今日?ってぐらいの量を目安にしましょう。負荷をかけすぎると、反動が大きくなってしまうので、お薦めはできません。

自分を甘やかすつもりでいきましょう。

自分を追い込みすぎない

当然僕たちは人間ですから、目標を達成できない日というのが存在します。

例えば、今日は30分読書できなかったなぁ。。。みたいな。

そういうときに変に自分を追い込んで、じゃあ今日の分を取り返すために明日は60分本を読もう!!なんて考えないでください。

ハードルが高くなりすぎてしまうので、もし次の日も目標が達成できなかったときの精神的なダメージが大きくなってしまいます。

今日は30分読書することができなかったけど、気を取り直して、明日30分読書するようにしよう、で十分すぎます。

というわけで、僕の習慣化の方法を紹介してみました。

以上です!

PPCアフィリエイトで人生変わった話

僕は大学一年の春休みにPPCアフィリエイトと呼ばれるものをはじめました。

なんかダメだったり怪しくなったらすぐやめればいいやと半信半疑でやり始めたのですが、これが思いの外ビビるぐらい稼げました。

PPCを始めて10日で10万の売上が出ました。このときの広告費は5万ぐらい。

作業をコツコツとやっていくと、なんとm,PPCを始めて30日で60万、40日で85万の売上を出してしまいました。このときの広告費は35万ぐらい。

特に秀でたところのない凡人大学生が気合いと作業量だけでここまでこれて、正直自分が一番ビビってます。

無料メールマガジンでは、僕がPPCアフィリを始めるストーリーと、一体どうやってそこまで大金を稼ぐことができたのかを無料レポートとして配布しています。

無料メールマガジンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です