【ネガティブな人に捧ぐ】やったら絶対に成功できない口癖、行動を12個まとめた【閲覧注意】

以下の記事は、膨大な毒を含んでおり、見る人によっては刺激が強すぎると思うので覚悟を決めてから読んでください。もしくは、回れ右をしてこの記事を読まないことをおすすめします。

こんにちは、理系早大生のスケです。

世の中には、一度口にしてしまったが最後、絶対に成功できなくなってしまう口癖、習慣になっているとほぼ確実にうまくいかなくなる行動、というものが存在します。

成功者というのは、このことをよくわかっているので、絶対に、下記にあげるようなことはやりませんし、口にしません。

やってしまったが最後、呪いにかけられたように上手くいかなくなるからです。

かけ算における0みたいなもので、他がどれだけよくても、これらの言葉・行動をとった時点で、問答無用で0になってしまうと。

そして成功者というのは、そういうことをする人物というのを嫌います、というより、近くにおいておきたくないと考えます。

なんやら僕がまるで成功者のような語り口ですが、まあ数カ月後を見ててください。

僕が将来成功することはほぼ確定事項なんですが、どのように成功するか、どれだけ成功するか、これはまだ決まっていません、というよりわかりません。僕の行動次第だからですね。

僕自身、数ヶ月前は、以下の言葉、行動、というのを本当にしょっちゅうやっていました。

言い訳の権化みたいな存在です。

そこから色々あり、この資本主義の世界で成り上がっていくことを決意してからは、まず行動を変えました。

で、行動を変えると、不思議なことに価値観、口癖、行動というものがどんどん変わっていきます

この変化に僕が一番驚いています。まるで生まれ変わったかのよう。

数ヶ月前、つまり2019年が始まる頃に比べると、今の僕は別人になった気がしますね。

この調子で行くと、今年中に僕はどんだけ成長できるのか、その先が未知すぎて超ワクワクしています。

まあ御託はこのぐらいにして、そんな僕が、やったら絶対に成功できない口癖、行動、を厳選しました。

以下のことをやった時点で、アウトです。お尻叩きの刑が待っていますよ。もちろん、自戒を込めて。

口癖

以下の言葉を口にした時点で、負のメッセージが自分の脳内に刷り込まれ、負け犬のマインドになってしまいます。

ほんとに即効性があるので。悪い意味で。

でも

はい出ました。逆説の接続詞。

よく言いますよね。人の発言に対して「でも〜〜」から入るやつはダメだって。

あれって本当にそうでして、人への印象も最悪ですし、自分自身にも否定が刷り込まれるのでとにかくいけない。

できない

いや、できないってなに?

なんでできないって思うんですか?その根拠を聞かせてください、と小一時間問い詰めたくなるフレーズです。

人が想像できることは、人が全て実現できる

なんて名言もありますけど、このポジティブさを見習ってほしいですよね。いや、全て実現できるわけねーだろ!、という批判を恐れない大胆な物言い。超勉強になります。

初心者だから…

いや、この世界に初心者も上級者もねーから、と。

この初心者だから〜〜って口癖の何が悪いって、相手に対する言い訳ではなく、自分も無能さを肯定する自分への慰めの言葉というところ。

自分は初心者だから〜〜というのは、相手に対して、「〇〇はできないので勘弁してください、予め了承しておいてください」と釘を指すのではなく、自分に対して、「いや、自分は初心者だから〇〇ができなくても当然だよね」と言い訳する行為なんですよ。

自分の実力を正しく見積もるのと、自分は初心者だから〜と言い訳するのは、全く別の行為

だってですよ、自分は初心者だから〜〜なんです、と相手に言ったとして、相手に何を期待するんですか?

それって、自分は何の価値も無い人間なんですけど、雇ってくれませんか?と言っているようなもの。

ゴミを上げるのでお金ください、ホームレスに言われても、はぁ何言ってんだコイツ?と思いませんか。

僕はちょっと前に、ベンチャー企業でインターンとしてプログラミングをしていた頃があります。

ンターンを探していたとき、面接に行くんですが、やっぱり、「自分初心者だから〜〜」とは言いませんでしたし、言えませんでした。

僕が雇う側だったら、そんなこと言う人間は金を積まれても採用は御免だったからです。

それよりも、「僕は〇〇を勉強してきました。△△ができます」と、いくらショボくても、自分にできることをアピールしましたし、自分に実力不足なことがあればそれを自分の時間を使って補うことができる人材、ということを伝えました。

結局、初心者って、心が初めてってことですからね。いや、それはダメでしょと。せめて意識だけでも高く持とうぜ、と。

ダメ

はい、否定です。否定形の言葉は大体ダメですね。

なにがダメやねん、つべこべ言わずやってこい!とケツをけとばしたくなりますね、僕が言われたら。

 どうせ

どうせ、も相当にタチが悪い。

後に続く言葉は大体ろくなもんじゃない。

なんですか、どうせ才能がないから、とか、どうせ初心者だから、とか。そういうことを言うんでしょう?

自分の可能性を狭めてしまう言葉ナンバーワンと言っても過言ではないですね。

そこまでやるんですか?

そこまでやるに決まってんだろって話。

大体、基準値が甘いんですよね。

もちろん、ゆるく生きていきたいなら、それでいいです。努力をしたくないなら努力をしなければいい

それらは全て個人の選択であり、自由なわけで、赤の他人が口を出していい領域ではない。

ですが、目的があるなら、どうしてもその目的を達成したいなら話は別。

僕はPPCアフィリエイトを始めてから40日で1000出稿をして、そのまま85万の売上を出したんですが、この話をするとビックリされることが多いです。

だけど、僕からしたら、至極当たり前のことをやったに過ぎないんですよね。

PPCで速攻で稼ぎたかった、だから出稿した。ただそれだけです。

才能ないから

そんなん知らんわって。

つべこべ言わずやってから言いなさい、以上。

 

以上の、絶対に言ってはいけない禁句集を組み合わせて生成される、

え、そこまでやるんですか?でも、僕って初心者なので(or 才能ないので)、どうせやってもムリ(or ダメ)ですよ〜〜〜。

というのは、考えうる限り最悪の言葉なので、絶対に使わないように!!!!!

行動

僕は中学生のときに、自己啓発本にハマっていたことがあります。

それまでの僕は、産業廃棄物レベルのどうしようもない人間だったので、今では「けっ、薄っぺらいわっ!」と思ってしまうような内容でも、いたく感動したものです。

自己啓発本に書いてあることは、成功している人なら当たり前にやっていることなんだけど、やっぱり成功していない人はやってない確率が高いんですよね。

でですね、成功したい、幸せに生きたいなら、せめてこのぐらいはできるようにしましょう、というより、昔の僕は全く出来ていなかったんですけど、意識するようにしてからは人生いいことだらけになったので。

やったことない、知らないくせに否定する

口癖編の、でも〜〜〜と同じ。

否定はあかんですよ。

言い訳する

言い訳したい気持ちはわかります。僕もそういうときたくさんありました。

で、実際にその言い訳が正しい場合も往々にしてあります

が、言い訳を聞いている方からすると、「あ、コイツ言い訳してんなぁー」ぐらいにしか感じないんですよね。

結局マイナスの印象になってしまうので、それなら最初から言い訳しないほうがマシだよね、っていう。

自分のせいにしない

全部自分のせいにして、負荷かけて、追い込みまくったほうが結果的に成長できますよね。

行動が遅い

明日やろうはバカヤロウってほんとこの通り

〜しようと思います、と言う

行動が遅い、というのとほぼ一緒ですが、〜〜します、〜〜やります、というのは、何の意味ももたないんですよね。

そうじゃなくて、〜〜やりました、〜〜しました、と言うべき。

僕はたまに、〜〜します、〜〜やります、と誰かに宣言してますが、そのときは、必ず後で、〜〜しました、〜〜やりました、と報告してます。そうじゃないと無意味ですから。

自分で調べない

ググレカスってよく言ったものですよね、ほんとに。

 

いかがでしたでしょうか。僕としては、当たり前のことを言ったつもりです。

1 + 1 = 2とか、太陽は東から上って西に沈むとかと同レベル。

この記事は僕自身への戒めでもあるんですよね。自分の軸がぶれないように、参照点として、この記事を書きました。

というわけで以上です!

 

PPCアフィリエイトで人生変わった話

僕は大学一年の春休みにPPCアフィリエイトと呼ばれるものをはじめました。

なんかダメだったり怪しくなったらすぐやめればいいやと半信半疑でやり始めたのですが、これが思いの外ビビるぐらい稼げました。

PPCを始めて10日で10万の売上が出ました。このときの広告費は5万ぐらい。

作業をコツコツとやっていくと、なんとm,PPCを始めて30日で60万、40日で85万の売上を出してしまいました。このときの広告費は35万ぐらい。

特に秀でたところのない凡人大学生が気合いと作業量だけでここまでこれて、正直自分が一番ビビってます。

無料メールマガジンでは、僕がPPCアフィリを始めるストーリーと、一体どうやってそこまで大金を稼ぐことができたのかを無料レポートとして配布しています。

無料メールマガジンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です