子供の頃に感じた気持ちを忘れないために

誰もが子供から大人になっていく、その過程で、大人は子供の頃に感じた気持ちを忘れがちだ。
多くの大人が家庭を作り、子供を作る。そしてその子供が、小学生、あるいは中学生になった時、こう感じるのだ。
あれ、自分が子供だった時はもっとちゃんとしてたのになぁ…
と。それが親というものの宿命でもあって、ぶつかる壁でもある。子供が宿題をしない、勉強をしない、夜更かしをする、一日中ゲームばっかやっている、SNSにうつつを抜かしている、YouTubeしか見ない、等々。親が子供に対して持つ悩みというのは大抵そんなものだ。
子供に〇〇をやめさせたい、あるいはやらせたい。そう感じることは親なら誰だってある。俺だってある。今はまだしがない大学生だけど、自分の妹に対してこうしろああしろと口を酸っぱくしていいたい。
だが、言わない。
自分が子供だった頃を思い出してほしい。
勉強しなさい、とお母さんに言われた時どう感じただろうか?
うるせぇーなぁーーー、今からやろうと思ってたのに、はぁ、やる気なくしちゃったわ…
テレビの前で下品な笑い方をする父親が、テレビを見る前に宿題をやりなさい、と言われた時はどう思った?
お前はどうなんだよ、あ?
と詰め寄りたくなったのではないか。
これらは、いわゆるテンプレートとして、親の行動で子供にやってはいけないことランキングに上位で入ってくる。子供、特に思春期はそうだが、基本的にあまのじゃくだし、なにより親の干渉を嫌う。自分の世界を持ちたいのだ。
だれだって、子供のときに、自分のやりたいようにやらせてくれよ、と心のなかで親に毒づいたことはあるだろう。俺はたくさんある。お前ら(親)はなにもわかっちゃいない。とにかく黙って見てろ。
と何回もいいたくなった。けど結局言わなかった。どうせ結果でしか物事の成否は語れない。結果を出してから、それを親に叩きつければいい、そう考えた。
だが、子供に本当に何かをやらせたい場合、どうするのがいいのだろう?
この場合、答は決まっている。
まず親よりはじめよ、だ。子供は親の背中を見て育つ、両親の何気ない行動や言動、趣味、部屋の中にあるものなんかをこっそり観察して、ああ自分の両親はこんな感じなんだ、と学ぶ。それも、大人が考えている以上に。
だから、子供に勉強させたい場合、まず親が勉強してる姿をさりげなく子供に見せることが大事。これさえ上手くいけば大丈夫。
子供日本を読ませたい場合、まず親が率先して新聞を読んだり本を呼んだりする。
そして、意識してほしい、というより無意識でできるようにしてほしいのことが合って、それは、子供にその行為が楽しそうに見せることである。本当に楽しめるのがベストだが、できない場合は楽しそうにしよう。
親が楽しそうにしているものに子供は敏感である。自分もやってみようかな、そう考えるのである。かといって、親に見られるのは恥ずかしいから、こっそりとやる。子供というのはそういうもの。少なくとも、自分はそうだった。
これが、子育てに悩む人達の助けとなれば幸いだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です