Harry PotterシリーズをAudibleで制覇しました!!

洋書多読界では、誰しもが一度は夢に見る、または目標とするであろう、ファンタジーの金字塔、ハリーポッターシリーズを遂に読破(正確には聴破?)しました!!
語数にして、多分120万語ぐらい(あるいはもうちょい)、リスニング時間にして、およそ120〜130時間ぐらい
いや長すぎかよ(笑)
感想としては、とにかく長かったです。はい(笑)
読むことは一切せずに、ひたすら聴いて聴いて聴きまくった結果ですね。感想はこれくらいにしといて、この記事を読んでいるみなさんに有益となるような情報をシェアしましょう!

どうやって時間を捻出したか?

シリーズを制覇するのに100時間は軽く超えてしまう、一体どうやれば、挫折することなく最後までたどり着けるのでしょうか?
僕の場合、ひたすらスキマ時間にハリーポッターを聴いてました。公園を散歩するとき、外出するとき、電車に乗っているとき、歩いているとき、家事をしているとき、飯を食べているとき。
これらの活動をしている間はほぼ必ずと行っていいほど、ヘッドホンを装着し周りを遮断して、音源に聞き入ってました。
塵も積もれば山となる、というのはどうやら本当のことらしく、1日の間のスキマ時間をギュッと凝縮すると、少なくとも1〜2時間程度の時間が確保できるようです。
僕がハリーポッターを聞き始めたのが2018年1月上旬。聞き終わったのが3月の下旬なので、計算にも合います。

実際のハリーポッターの難易度ってどうなん?

ハリーポッターは英語学習者にとって難しいのか?もちろん、一概に言うことはできません。というのも、難しいとか、読みやすいというのは、常に何かと比較をすることで成り立つ表現です。
自分の英語力と比べて、ネイティブから見ると、学校の先生にとっては…なんて風に、いくらでも切り口が合って、それぞれの考えがあるわけです。
よくあるのが、TOEIC何点で〇〇は読めますか?ってやつです。これも非常に難しい質問ですよね。書店で書いてあるこの手のたぐいのものは大体間違ってます。
この前、TOEIC730点レベルはこの本、って紹介が添えてあったのを見て、いや、チョットムズカシすぎないデスカ???なんて思ったりもしたし。
まあ、話がやや脱線しましたが、僕が実際に聴いてみて感じたことを書くと、思ったよりも難しくなかったです。
いや、その思ったよりってなんだよってツッコまれそうですが、本当にそうなんですよね。より客観的に言うと、ハリーポッターシリーズの難易度はYL(読みやすさレベル)7.0~8.5のレンジに収まるんじゃないかなってことです。
僕は、ハリーポッターシリーズが後半になるに従って難しくなって最終的にはYL9.0ぐらいになる、と読みまして、怯えていたのですが、杞憂だったようです。
1つ非常に大きかったと思うのは、オーディオブックだったからということです。
多分、本を読んでいたら、その分量に挫折していたでしょう。リーディングというのは、能動的な行為で、ある程度の集中力を要します。これに対し、リスニングというのは受動的な行為で、ざっくばらんに言うと、声に耳を傾ける以外、何もする必要がありません。
 
読むという行為は、論理を司る左脳で処理されますが、音は空間やイメージを司る右脳で処理されます。単純な処理能力で言うと、右脳のほうが圧倒的なんです。
感覚値で言うと、オーディオブックなら、Kindleで読むことができる本のレベルより、YLが1.0ぐらい上のものを読むことができるような気がします。これは、ナレーションのイメージ喚起性が強いということと、一定のペースで話が進むので、最初に話が理解できなくても、おいおい意味がわかってくるということが理由ではないかと。
 
これが非常に大事で、オーディオブックを聴いていると、自然と物語が自分の頭のなかで具体的なイメージをもち、キャラクターが生き生きと動き出すようになります。これに加えて、ハリーポッターシリーズを朗読しているスティーブン・フライと言う人のナレーションが半端なくうまかったです。多くのキャラクターを声色とアクセントで使い分ける巧みな技術には度肝を抜かれました。
ハリーポッターの紹介に、‘marriage in heaven, Stephen Fry reads Harry Potter.’ってキャッチコピーが合って、言い得て妙とはこのことだなと感動してしまいました。
 
ちょっと要点が散乱してしまったので、何が言いたかったかというと、
・オーディオブックは、本を読むよりはるかに楽で楽しい
・リーディングの場合、どのぐらい時間がかかるかわからないが、リスニングの場合は初めからゴールが見えている
・音のイメージ喚起性
 

やっぱりオーディオブックはオススメ

結局、言いたいことはここに集約されてしまいますね。オーディオブックに慣れてくると、1,25倍速、1,5倍速とスピードアップできるので、楽しいですよ。
僕はハリーポッターと賢者の石を1倍速で聴いた後、試しに1,25倍速にしてみたら思いの外理解に支障が出なかったので、それ以来ずっと1,25倍速です。
1,5倍速もいずれ聴けるようになりたいですね。
オーディオブックの紹介をしているのか、ハリーポッターの紹介をしているのかわかりませんが、まあこんなもんでしょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です