【英語学習】DaiGo並みの凄腕メンタリズムで殺人事件を解決する海外ドラマ”メンタリスト”【ネットフリックス】

こんにちは、現役早大生ブロガーのハシモです!

最近は海外ドラマにハマっておりまして、一日に数時間はそれに費やしてます。僕は英語字幕で海外ドラマとか映画を見るのですが、なにがいいって、作品を楽しんでみているうちに、英語力がじわじわと上がってくることですね!

一石二鳥です!あ、それに加えて、海外ドラマ好きの女の子との会話のネタにもなるので、一石三鳥かな?

とにかく、海外ドラマが有能過ぎます。しばらく日本のドラマはいいや…って海外かぶれになりそうなぐらい(というかすでにそうだわ)

それで、いつもどおり、今回もおすすめの作品を紹介していくわけですけれども、紹介する作品はこちら!

メンタリスト(THE MENTALIST)

アマゾンプライムやネットフリックス、huluで無料で視聴可能です!現在はシーズン7まであって、一話あたりが大体43分くらい、1シーズンは23話から構成されてます。

ではその魅力を語っていくぜ!

あらすじ

相手の考えを読み取り、心理状態を操作することを生業とするメンタリスト、主人公のパトリック・ジェーンはそのうちの一人です。彼は、その圧倒的な技術を生かして、霊能師のふりをしてTVショーを席巻していました。

あるとき、パトリック・ジェーンはTVショーが原因で、レッド・ジョンという連続殺人鬼の怒りを買ってしまいます。レッド・ジョンは報復として、彼の妻と娘を惨殺。

宿敵レッド・ジョンの後を追うべく、パトリック・ジェーンは、その凄腕メンタリズムを生かして、CBIという警察の一組織のコンサルタントになります。

パトリック・ジェーンがかっこよすぎる

主人公パトリック・ジェーンがカッコよすぎます。。。飄々として常に余裕で落ち着いているところにしびれます。僕も見習いたいですね。時々無邪気になる姿もかわいいですし、凄腕メンタリズムを自慢げに見せびらかすところも憎めない。

あたかも最初から全てわかっていたように振る舞うパトリック・ジェーン。まるで預言者か、と言わんばかりの予知能力にはぶったまげ、

余談ですけど、パトリック・ジェーン役の俳優、サイモン・ベイカーってオーストラリアの出身だそうです。当然だけど、オーストラリア訛りとかまったく感じなかったなぁ。役者ってすごい。

サイモン・ベイカー

 

美人捜査官が目の保養すぎ

ドラマといえば、出演する女優、俳優に注目が集まるのは当然のことです。というか、それ目当てでドラマを見る人も普通にいますよね。

世の中の男性諸君、安心してください。”メンタリスト”の女優陣は半端ないです。っていっても2人だけなんですけど。

捜査チームのボス、テレサ・リズボンと、新米のグレイス・ヴァン・ペルト

役を演じるのは、それぞれロビン・タニーアマンダ・リゲッティ。二人の名前をググると画像が出てくるんですけど、正直そこに出てくる画像だとそこまでなんですよね笑

アマンダ・リゲッティも今はちょっと体型が変化していたりして、かつてのような美しさは失われてしまったのかなぁって。時の流れは残酷です。。。

ですが、二人がドラマに出ているシーンを見れば、僕の言いたいことがわかるはず。きっと二人の美しさに魅了されてしまうでしょう!なんていうか、映りがすごいいいんですかね?とにかく、半端ないです。激マブ。ずっと見ていられるって感じ。ヴァンペルトなんかは、神々しすぎて、言葉を失ってしまいます…。ダビデ像の女版かよ!みたいな。

ロビン・タニー

アマンダ・リゲッティ

 

そういうわけで、僕が最近見ている海外ドラマ”メンタリスト”について紹介しました! アマゾンプライム、ネットフリックス、huluのどれでも見られるので、ぜひお試しあれ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です