Kindleのせいで紙の本が読めない身体にされた件

オッス、俺だ。

みなさん、突然ですが、Kindle使ってますか??????????

まだ使ってないよって人、

一度でいいから、試してみてください!!!

そういう、まだKindle童貞の人たちが勇気を出して一歩前へ進めるような記事を書いていきます!

まだ紙の本で消耗してるの?

はい、いちいち紙の本を購入して消耗してますか?

もちろん、二元論的に、紙の本はダメだ!!!!電子書籍のみが崇高で美しい!!!なんて主張するつもりはサラサラありません。ですが、用途によって紙か電子かを使い分けることは非常に重要です。

おそらく、みなさんが読むであろう本の多くは、読まれた後書棚に入れられ、そのまま二度と開かれることなくその生涯を全うするでしょう。

そういうあまり価値のない本を、わざわざ物理的なスペースを取って保存しておくことが、はたしてあなたに利益をもたらすでしょうか?

電子媒体ならば、何千冊と読もうとも、収納スペースはタブレットひとつ分に収まります。現代の4次元ポケットとはこのこと(?)ではないでしょうか。

紙の本には、Kindleには出せない良さがあるんだよなぁ?????

あるんですか???

いや、それはただ単に、あなたが紙の本に慣れているだけだからです。Kindleに慣れればきっと、Kindleには紙の本に出せない良さがあるんだよなぁ、なんて言い出すにキマってやがるのです。

人間にはホメオスタシス、日本語で言うと恒常性という機能が備わっています。簡単に言うと、変化を嫌うということです。そしてこれは、年を重ねるほど強くなる傾向があります。

これは必ずしも悪いわけではありません。太古の時代においては、1つのミスが命取りになったでしょうから、変化というリスクを取らない方が生存確率が高かったのでしょう。

しかし、現代は、狩猟と採集の時代とは違います。ちょっとぐらい何かを変えたからって、命の危険があるわけではありませんよね。

それに、新しいものを取り入れてみるということは、頭を柔軟にします。ボケ防止につながるということですね。僕はこの記事を70歳以上に向けて書いているわけではありませんが、新しいことに挑戦しなくなった大人というのは、つまらなそうに見えるものです。

ぜひとも、これを機会に新しいものに挑戦してみてほしいです。なに、Kindleを使ってみて受け付けなかったら、また紙の本に移ればいいんですよ。あなたには、Kindleを試してみたという経験が残ります。

それは、何事にも代えがたいものなんじゃないかな?!?!?!?!

結局1番経済的

はい、これにつきます。Kindleを使うということは、長い目で見ると最もリーズナブルではないでしょうか。

これは単に、金銭的な出費の多い少ないを言っているわけではありません。

電子版にすることによって、削減できる本を置くスペース、ストアで本を購入した後ノータイムで本を読める爽快感。いちいち近くの書店に足を運んだり、Amazonが商品を届けてくるのを待つ必要はもうないのです。

本を読みたい時は、Kindleさえ持ち歩けばどこででも、世界中で本の世界に没入することができます。紙の本だと、いちいちかさばるし、何冊も持ち運ばなきゃなりませんよね。

当然のことですが、Kindleでは漫画も読むことができます。暇ができた瞬間に、Kindleを取り出してキングダムやハンターハンターを読むなんてこともできるんです。

これってスゴイことじゃないかな????

 

って説明を読んで、よっしゃやったるで!!!って思い立ってくれたみなさんには、ちょっとした購入時のアドバイスを。

Kindleといってもいろいろな種類がありまして、どれを買うかによってぜんぜん違う結果が得られます。

僕が購入したのは、Kindleホワイトペーパーのマンガモデルです。ちょうど下にあるやつですね。

 

これよりも安いものがあるにはあるのですが、オススメはしません。安物買いの銭失いになっちゃうでしょうね。

キャンペーン情報付きモデルっていうのも買わないほうがいいでしょう。スリープ画面に広告が出てくるぶん、ちょっと安くなるんですけど、シンプルにうざいです。それにスリープ画面がけっこうオシャレっていうのもある。まあ、広告大好き♡♡♡って人以外は避けるべきです。

これよりも高いモデルもあります。僕は使ったことはないのでなんともいえません。値段を考えると、僕が紹介したやつが一番コスパがいいんじゃないかと思いますが、お金はあまり気にならないよって人は好きにするといいでしょう。

って感じです!!参考になれば幸いですね!!!以上!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です